ブログ

BLOG

脂肪燃焼サプリ

Ryutaです、今回もサプリネタを少しお話したいと思います。

多くのダイエット系サプリメントには、「脂肪燃焼」「体脂肪を分解」「脂肪の吸収を抑える」「驚くほど汗が出る」など様々な効果を期待させる表示が溢れています。しかし一つの成分に対して全ての効果が期待できるものは少なく、大抵のダイエット系サプリメントには複数の成分が配合され、様々な効果が期待できるように作られています。そこで、ダイエット系サプリに使用されている、主な成分を簡単にご説明します。今飲んでいるサプリメントにはどんな効果があるのか?自分にはどの成分の効果が合いそうなのか?サプリメント選びの参考にして下さい。

・カプサイシン

カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛味成分の一種です。摂取すると、アドレナリンの分泌が盛んになり、体温が上昇することで代謝が活発になります。また、アドレナリンの分泌が活発になると脂肪が脂肪酸に変わることで、体脂肪が使われやすい状態なります。この効率の良い脂肪燃焼効果こそがカプサイシンをダイエットに使用する理由です。辛い物を食べるとすぐに汗をかく事でもわかるように、カプサイシンは即効性があり、摂取すると早い段階で発汗しやすくなるため、体感としても非常にわかりやすいと思います。但し、唐辛子を大量に食べてその成分を摂取するのは胃などを痛める危険があるので注意が必要です。

・カフェイン

カフェインは、お茶やコーヒーに含まれている成分で、摂取することでリパーゼという脂肪分解酵素の分泌が盛んになり、効率よく体脂肪を分解して燃焼してくれるという効果があります。また、頭が冴え集中力もアップするので、筋トレにも効果を発揮してくれます。サプリメント以外で最も身近な摂取方法としては、運動の30分程前にブラックコーヒーを飲む。これだけでも、通常より脂肪燃焼効果が高くなります。

但し、日ごろからコーヒー等をよく飲まれる方は、カフェインに慣れていることから、集中力がアップするという効果が分かりにくい場合もあります。逆に、カフェインに慣れていない方やあまり得意ではない方の場合、急激に心臓がドキドキしたり、通常より多いカフェイン摂取の後、その効果が切れてきた時に起こる「カフェイン・クラッシュ」により頭が痛くなったり、疲労感を強く感じる場合もあります。その為、一度に200mg以上の摂取は控えて下さい。

・カテキン

お茶などに含まれるポリフェノールの一種で、タンニンという緑茶でいう渋みの主成分です。カテキンには脂肪の分解と消費に働く酵素の活性を高めてくれるという効果があります。但し、ダイエットに有効なカテキン含有量は一日500mg以上が理想と言われていて、普通のお茶で考えると湯呑10杯以上飲まなければ摂れない量になります。その為、高濃度茶カテキン含有の飲料やサプリメントを使う事が有効だと言えるでしょう。

長くなりそうなので、今回はこのへんで…

皆さんも運動時に燃焼系サプリを摂取してみて下さい、違いがわかるはずです。因みに何もしない時に摂取しても殆ど効果が無いので注意して下さいね!